FC2ブログ
7月24日通り

吉田 修一

これははっきり言って駄作でしょう。
恋愛ものなので、期待半分で読みましたが、期待をはるかに下回った(笑
柳の下のドジョウってわけでもないでしょうけれど、あまり書きたいという思いが感じられない話でした。
彼の行間の味わいや言葉のなめらかさもほとんどなく、他の人が書いたのではと思うほど。
吉田修一はこの手の話は書かないほうがよさそうですね。
たまたま、今日話していた子が嫌いな作家に吉田修一を一番にあげていたけれど、読んだ本によってはそう思うかもしれない。
ちなみに彼女が読んだのは「パーク・ライフ」だそうです。
スポンサーサイト



2005.02.02 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |