上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

混戦も予想されましたが、終わって見れば順当な結果という気もしますね。
ヒラリー・スワンクは「ボーイズ・ドント・クライ」のとんでもなくすばらしい演技を思い出せば、今回の作品が評価されるのもわかります。
デカプリオとジョニー・デップが授賞しなかったのは意外と言えば意外ですが、米国映画界の健全性を感じるところでもありますね。
ただ、ジェイミー・フォックスは1作目にして受賞ですが、レイ・チャールズじゃなかったらどうだったのかはちょっと疑問。
商売につながる派手さはないですが、これでよかったのとはと思います。

 作品賞 :ミリオンダラー・ベイビー
 監督賞 :クリント・イーストウッド
 主演男優賞 :ジェイミー・フォックス
 主演女優賞 :ヒラリー・スワンク
 助演男優賞 :モーガン・フリーマン
 助演女優賞 :ケイト・ブランシェット

スポンサーサイト

2005.02.28 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。