FC2ブログ
レディ・キラーズ

イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン

ファーゴ、バーバー、バートンフィンクなどを楽しんできたコーエン兄弟ファンとしては見のがすわけにはいかない作品。
というわけで見ましたが、巷の風評通りコーエン・テイストはやや薄めでした。

カジノ泥棒に成功するまではありきたりと言えばありきたりですが、教授をはじめとしたちょっとずれた強盗集団の関係がなかなか笑えます。
エンディングもちょっぴりおしゃれな毒気が効いていてなかなか気に入りました。
「クッキー・フォーチュン」のような南部の泥臭いコメディに愛着を感じるものとしては、そちらも十分楽しめる作品でした。
主人公はトム・ハンクスよりもう少し個性派の役者のほうがよかったかもしれませんね。
スポンサーサイト



2004.11.22 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |