FC2ブログ
ペンギンの憂鬱

アンドレイ・クルコフ

久しぶりのクレスト・ブック。
このシリーズはいつでも品質保障のような感覚があり、安心して読めるのでありがたいです。
今回はめずらしいウクライナ人によって書かれた小説。
欧米をはじめとした20ヶ国で翻訳され、それぞれでベストセラーとなったとか。
舞台が1996年あたりの独立直後のウクライナの首都キエフを舞台としたものとあって、当時の乱れた治安がうかがい知れるような小説です。
とはいうももの、この小説は政治を扱ったものではなく、当時の崩壊したソビエトを風刺して寓話のように楽しむようなストーリー。

主人公のヴィクトルは、存命の軍人や保険省の役人や国会議員の追悼記事「十字架」を書く仕事で生計を立てる独身男。
彼と暮らす動物園からもらわれてきた憂鬱病のペンギン、ミーシャが妙にリアルで奇妙な存在感を発揮しています。
とにかくこの小説にはなくてはならないキャラクター。
このペンギンが何を表しているのかはよくわからないものの、あとがきにもあるように登場人物たちのおかれたもうひとつの側面を暗示するような雰囲気をいたるところで醸し出しています。
そこがこの小説にたまらなくはまってしまうところでしょうか。
そして、彼のもとには預けられた少女ソーニャと彼女のシッターとして雇われたニーナが家族のような共同生活を送っています。
これ以外にももとペンギンの飼育係のピドパーリィ、警察官のセルゲイ、首都報知の編集長イーゴリ・リヴォヴィッチなどのなぞに包まれたような登場人物が次々と現れては消えます。
そして、時折誰からともなく届けられるものや銃声に死体...

欧米小説にはないなんとも言えないクールでミステリアスでユーモラスなシチュエーションをとても楽しめました。
共産圏ならではの味わいにあふれた娯楽小説ですね。

[本▼▼▼▼▽]付け合せはピクルスか?

2004.11.21 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |