FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

幸福な食卓

瀬尾 まい子

瀬尾まい子の描く世界は独特の癒し感にあふれる。
登場人物はあまり器用に生きられない人たちばかり。
普通に考えるとかなり厳しい状況も、瀬尾まいこの手にかかると楽しいホームドラマのようになってしまう。
なんだか不思議な才能を持った人だ。
4作目にして、このオリジナリティはすごい。

今回は崩れかけている家族がテーマになっている。
自殺未遂のお父さん、別居中のおかあさん、秀才の直ちゃんと主人公佐和子。
つかず離れずの、とてもありえない家族関係が思いもしない楽しい小説世界を作り出している。
これまでの彼女の小説の中でも一番おもしろいのでは。
とくに気に入ったのはヨシコのキャラクター。
作者の新たな可能性を感じさせてくれました。

登場する一人ひとりの人物がとても輝いてみえるのはなぜだろう。
ちょっとおおげさに言えば、人間賛歌のようなやさしさに包まれる読後感に満たされます。

スポンサーサイト

2004.11.19 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。