FC2ブログ
自殺自由法

戸梶 圭太

日本国民は満十五歳以上になれあ何人も自由意志によって、国が定めたところの施設に於いて適切な方法により自殺することを許される。ただし、服役者、裁判継続中のもの、判断能力のないものは除外される。

自由に死ぬ法律が制定されたら....という設定の爆笑小説。
役所がゴミの回収でもするかのように自殺の幇助サービスをするんですから。
主人公を変えた短編がこれでもか、これでもかというほど続きます。
出てくるのはとにかくやけっぱち人間ばかりで、悲壮感よりも爽快感を感じるほど。
死ぬことにした人間はとにかく威勢がいい。
口も悪けりゃ、態度も悪い。
よくもここまで悪態をつけるものだわ。
でも、それがとっても自由で楽しそう(笑
強烈なブラックユーモアにあふれるエロ、グロ、ナンセンス小説。
これを読んだら死ぬ気なんて失せてしまうのでは?

戸梶圭太氏の面白さはこんなものじゃないらしいので、続けて「The Twelve Forces」でも読んでみようかと思ってます。
伊良部先生をもっとブラックに磨いたような面白さがたまりません。
スポンサーサイト



2004.10.23 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |