FC2ブログ
あの薔薇を見てよ―ボウエン・ミステリー短編集

エリザベス ボウエン

日本での知名度は極端に低いそうですが、本国ではヴァージニア・ウルフの後継者と言われたこともある女流作家だそうです。
この本に納められているのは短編20。
それぞれ10ページほどのものですが、クールで過剰をすべてそぎ落とした密度が濃いものばかり。
1行1行をしっかりと味わうような作品がてんこ盛りです。
予定調和のような終わり方とは縁遠いものばかりなので、ちょっと肩透かしのようなところもありますが、その分余韻のの残る濃厚な作品になっているような気がします。
それにしても読み手の心に語りかける、なんとも言えない怖さが潜む作品たちです。
秋の夜長に高級文芸ミステリーというのもおつなものですね。

容紹介
スポンサーサイト



2004.09.23 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |