上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


1時間の電車移動で朝まだ早い鎌倉に到着。駅前の松林堂書店で中央公論の『中世都市鎌倉を歩く』買って、人力車を横目に北鎌倉方面を目指す。


いつもの建長寺に入り、庭を眺めながら静かな時間をしばらく楽しみました。鳥の声しか聞こえない時間はほんとに贅沢です。


今回初めて行った夢窓国師が開山したという瑞泉寺。ここの庭は禅の名庭だそうです。少し理解に苦しむのは無の境地に遠いから? 春や秋には花でいっぱいになる花の寺としても有名だそうで、緑あふれる庭がとてもよかったです。
スポンサーサイト

2007.06.02 | 輪行 | トラックバック(0) | コメント(0) |


予報に反してとてもいいお天気。暖かな風に誘われてひさしぶりのポタリングを楽しんできました。いつもと同じように神保町を基点に、まずは1時間ほど準備をかねてゆったりと読書と軽い朝食。


皇居の新緑は目にまぶしいほど。緑を眺めていると命の息吹のようなもの感じます。
そこから一機に東京駅の新丸ビルまで移動。


新しいビルはちょっと無骨な印象で、近寄りがたい感じ。11時オープンなのに30分前には入場待ちの長だの列ができてました。


東京駅のお隣の有楽町まで移動し、シャネルの4階で開催されているエリオット・アーウィットの写真展を鑑賞。


日本橋に新装オープンした丸善に立ち寄りよさげな本を物色。この後三越前駅の手前にあるスタバで本を読みながらお茶を飲んで、本日のポタリングは終了。
春の日差しが心地よい1日でした。

2007.04.29 | 輪行 | トラックバック(0) | コメント(2) |

話題の国立新美術館に行ってきました。黒川紀章ということで、京都駅ときわめてよく似た建物。京都駅が黒に対して、国立新美術館は二子の高島屋などでも使われている淡いブルー。

    
↑建物概観             ↑1F カフェ コキーユ  

京都駅と同じように空中庭園のような台座の上にレストランが置かれています。お昼時には入店待の列がかなりの長さになってます。とくに3階の「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」はひどい混み方でした。
食事にこだわりがなければ、地階のミュジアム・ショップに併設されている「カフェテリア カレ」がお手軽でいいかもしれませんね。 

    
↑2F サロン・ド・テ ロンド     ↑3F ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ

開館を記念した「20世紀美術探検」はかなり見ごたえのある企画で、有名絵画のような知名度こそないものの、物質主義ともいえる20世紀の美術を考えるにはとてもすばらしい企画だと思います。考えようによっては国立新美術館のもの(コレクション)を置かない美術館というコンセプトの対極にあるようなもので、新美術館の将来を見据えた視点に改めて感じ入ってしまいました。マテリアルにとらわれた社会ははたしていつまで続くのでしょう。

帰りは、青山一丁目に出て「246CAFE&BOOK」に立ち寄ってきました。コンセプトの明快なお店はいいですね。☆21st Century Comedyのnobutaさんによると国立新美術館のミュージアムショップの書籍のプロデュースをしている幅允孝氏がここもプロデュースしているそうです。


↑246CAFE&BOOK(店前)


↑246CAFE&BOOK(書籍売場)

YOUTUBE
1階から3階(ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ)
2階(サロン・ド・テ ロンド)から3階(ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ)

2007.01.28 | 輪行 | トラックバック(1) | コメント(2) |


銀杏の木がとてもやわらかい黄色の衣装をまとい歩道を染めています。紅葉や楓に引けをとらない美しさ。今年はいつになくきれいに感じるのは気のせい?


神保町交差点に程近い白山通りの歩道も散った銀杏の葉におおわれます。黄色の絨毯を歩くのもささやかな楽しみ。オズの魔法使いをモチーフにした曲『グッバイ・イエロー・ブリックロード』を思い出しました。


2006.12.17 | 輪行 | トラックバック(0) | コメント(4) |


今日は、水戸黄門的な定番チャリンポ・コース。風があるせいか空気も澄んできれい。歩道は落葉でいっぱいの朝。
今日はちょっと足を伸ばして、タリーズでエスプレッソ用のコーヒー豆を購入。


いつも利用する図書館へ新聞と雑誌を見に立ち寄る。
といっても、いつも本関係の情報を仕入れるのが目的。


図書館で物足りないときは、近くの本屋に立ち寄って生本ながめ。
めぼしい本を見つけても、たがいは携帯から図書館に予約しておしまい。
ところが今日は新刊平台で村上春樹訳の新訳『グレート・ギャツビー』をみつけ思わず衝動買い。
また、しばらく読まないかもしれない本を買ってしまった。


最近、観る時間をとれなくなっているレンタル・ビデオ店。
目当ての『ナイロビの蜂』は残念ながらすべて貸し出し中。
新作で録り貯めてあるDVDを観ることにしますか。

2006.11.12 | 輪行 | トラックバック(1) | コメント(0) |



 ↑「ミロンガ」「ラドリオ」のある路地



 ↑中古レコードショップ「レコード社」

神保町は本好きにとっては聖地。いつどんなときに行っても楽しい。
今日は行きつけのレコードショップにも立ち寄り、スタンゲッツの「プレイ」を発見。以前より探していたレコードだったので迷わず購入。
今日も気持ちよいチャリンポでした。

2006.10.15 | 輪行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

 
 ↑国会議事堂

 ↑首相官邸

少し肌寒い曇り空のもと赤坂、永田町、皇居界隈をポタリング。
気が早いですが、安倍政権の見通しはどんなものでしょう。
変人小泉さんの揺り戻しもあってか、誰からも好かれる路線が見え隠れしてますねぇ。経験不足からくるちょっと頼りない感じもあるし。よくわからない美しい国じゃ仕方がないような...。でも、憲法改定で集団自衛権路線を目指し、確実に増税はやるわけで、今のところ国民の受けはよいようですが、政治家の方々にくみし易い総理ということだけになれば国民が離れる日も近い気がします。
短期政権にならないことを心からお祈ります。

2006.10.01 | 輪行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

   

↑青山カルティエ      ↑六本木ヒルズ

外に出るのが心地よい季節になってきた。
今朝は早朝の表参道駅を降りて、六本木近くのサブウェイで朝食、人気のない六本木ヒルズ周辺をひとまわりし、青山一丁目のあたりまでを散策。
TSUTAYAの六本木ヒルズ店になかった『"白"の民俗学へ』をリブロ青山店で発見。再読のための『"黒"い時計の旅』とあわせて購入。
日曜日お昼前の都心のお店はどこもすいていて静かなプライベートタイムを楽しめます。都心への輪行と散策はお薦めです。

2006.09.24 | 輪行 | トラックバック(0) | コメント(4) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。